System Center2012R2Configuration Managerを使用したLinuxコンピュータの管理

System Center2012R2Configuration Managerを使用したLinuxコンピュータの管理

この記事では、System Center2012R2Configuration manager(SCCM2012R2)を使用したLinuxコンピュー LinuxコンピュータにSCCM2012SP1クライアントエージェントをインストールすることについての私の投稿を振り返ってみると、LinuxマシンにSCCMクライアントエージェン この記事では、SCCM2012R2クライアントをLinuxマシンにインストールするだけでなく、SCCM2012R2を使用してLinuxコンピュータを管理する方法についても学びます。

クライアントエージェントをインストールし、linuxベースのコンピュータ用のコレクションを作成し、ハードウェアインベントリ設定を有効にするカスタムクライア System Center2012R2Configuration manager clients for UNIX and Linuxは、Configuration Manager環境の範囲を拡張して、企業内のUNIXおよびLinuxサーバーに関するインベントリの収集、ソフトウェアの展開、レポートの実行 クライアントは、Configuration Managerによって管理されるワークグループクライアントとして動作します。

sccm2012R2クライアントエージェントをlinuxマシンにインストールすると、LinuxおよびUNIXコンピュータで管理機能の一部を使用できますが、一部は使用できません。

サポートされていない サポートされていません
コレクション、クエリ、およびメンテナンスウィンドウ クライアントプッシュインストール
ハードウェアインベントリ オペレーティングシステムの展開
ソフトウェア展開 アプリケーション展開
監視 ソフトウェアインベントリ
レポート ソフトウェアの更新、コンプライアンス設定
カスタムクライアント設定の展開 インターネットベースのクライアント 管理
パッケージとプログラムを使用したソフトウェアの展開 リモートコントロール、電源管理
クライアントステータスクライアントのチェックと修復

次に、Linuxベースのコンピュータ用のSCCM2012R2client agentをダウンロードします。 以下のボタンをクリックして、linuxコンピュータ用のclient agentをダウンロードできます。次のUNIXおよびLinuxバージョンがサポートされています。

  1. AIXバージョン7.1、6.1、5。3
  2. 11, 10, 9
  3. HP-UXバージョン11iv2、11iv3
  4. RHELバージョン6 , 5, 4
  5. SLESバージョン11, 10, 9
  6. CentOSバージョン6,5
  7. Debianバージョン6,5
  8. Ubuntuバージョン12.4LTS,10.4Lts
  9. Oracle Linux6, 5

SCCM2012R2Clients For Additional Operating Systems

Linux用のConfigMgrクライアントをダウンロードし、次へをクリックします。

System Center2012R2Configuration Managerを使用したLinuxコンピュータの管理

Linux用ConfigMgrクライアントをダウンロードしたら、それをフォルダに抽出してLinuxマシンにコピーし、ファイルを/opt/clientディレクトリにコピーします(クライアントは/optの下に作成された新しいフォルダです)。 この例では、Sccm2012r2client agentがインストールされるRedHat6.2サーバーを使用しています。

System Center2012R2Configuration Managerを使用したLinuxコンピュータの管理

続行してlinuxマシンにクライアントエージェントをインストールする前に、linuxマシンがSCCMサーバーと適切に通信 SCCMサーバへの接続を確認するには、Pingを使用します。 ホスト名を解決するには、linuxマシンでターミナルを開き、コマンドvi/etc/resolvを入力します。コンフ… ネームサーバーのIPアドレス(DNSサーバー IPに設定)を設定し、ドメイン名と検索名を指定してファイルを保存します。

System Center2012R2Configuration Managerを使用したLinuxコンピュータの管理

linuxコンピュータで、root資格情報を使用して次のコマンドを実行し、スクリプトをプログラムとして

コマンドを実行します。/インストール-mp sccm.プラジュワルローカル-サイトコードIND ccm-Universalx64.1.0.0.4580.tar

コマンドの構文は次のとおりです。/install-mp<管理ポイントサーバー FQDN>-サイトコード<コード>ccm-Universal-x64。<ビルド>。tar

さらに、LinuxおよびUNIX用のConfiguration Managerクライアントは、フォールバックステータスポイントの使用をサポートしています。 FSPを指定するには、コマンドに-fsp<FSP server FQDN>を追加します。

System Center2012R2Configuration Managerを使用したLinuxコンピュータの管理

下のスクリーンショットから、クライアントエージェントがlinuxマシンに正常にインストールされていることがわかります。 インストールプロセスを検証するためのログファイルを探している場合は、/var/opt/microsoft/scxcmを確認できます。ログ… Client agentのインストール後にlinuxマシンのホスト名を変更した場合は、linuxマシンを一度再起動する必要があります。

/var/opt/microsoft/scxcm.ログ-このログファイルには、ccmexecのインストールと進行中の操作に関する情報が含まれています。ビン UNIX/Linuxクライアント操作のトラブルシューティングを探している場合は、このログファイルを使用する必要があります。

/opt/microsoft/omi/scxcmprovider.ログ—これはCIMサービス操作をキャプチャするCIMサービスログファイルです。CIMサーバーは、LinuxおよびUNIX用のクライアントの一部としてインストールされます。 SCCM2012SP1(CU1なし)を使用している場合は、クライアントがcimサーバーとしてnanowbemを使用していることがわかります。

クライアントエージェントがインストールされたら、linuxマシンを再起動することをお勧めします。 サーバーを再起動したくない場合は、ccmexecdプロセスを停止して開始できます。Ccmexecdを停止するには、/etc/initコマンドを使用します。d/ccmexecd stop
ccmexecdを起動するには、/etc/initコマンドを使用します。d/ccmexecd

System Center2012R2Configuration Manager

を使用してLinuxコンピュータを管理するscxcm前述したように開始します。ログファイルには、インストール情報と運用情報の両方が記録されます。 このログファイルは、クライアント操作のトラブルシューティングを行う場合に便利です。 クライアントのインストールの問題をトラブルシューティングしていて、詳細な情報をscxcmに記録する必要がある場合があります。ログ… それぞれに固有の設定を持つ4つの異なるログレベルがあります。

1)エラー:注意が必要な問題を示します。
2)警告: クライアント操作の可能性のある問題を示します。
3)情報:クライアント上のさまざまなイベントのステータスを示すより詳細なログ記録。
4)TRACE:通常、問題を診断するために使用される詳細なログ記録。ログレベルを変更するには、/opt/microsoft/configmgr/etc/scxcmを編集します。タグモジュールの各インスタンスを目的のログレベルに変更します。

System Center2012R2Configuration Managerを使用したLinuxコンピュータの管理

SCCMクライアントがlinuxマシンにインストールされた後、Configuration Managerコンソールのすべてのシステムの下にlinuxマシン名が Linuxコンピュータを右クリックし、[承認]をクリックします。

System Center2012R2Configuration Managerを使用したLinuxコンピュータの管理

linuxコンピュータをグループ化するコレクションを作成できるようになりました。 Microsoftでは、クエリとコレクションで異なるLinuxおよびUNIXオペレーティングシステムを識別するために、Operating SystemクラスのCaption値を使用することをお勧めします。 この例では、Attributeクラスをオペレーティングシステムとして使用し、AttributeをManufacturerとして使用します。 以下のクエリを使用して、redhatマシンをコレクションに追加できます。

Sms_R_Systemを選択します。ResourceId、Sms_R_System。ResourceType,SMS_R_System.Name、Sms_R_System。SMSUniqueIdentifier,Sms_R_System.ResourceDomainORWorkgroup、Sms_R_System。Sms_G_System_Operating_System上のSms_G_System_Operating_System内部結合Sms_G_System_Operating_Systemからのクライアント。ResourceID=Sms_R_System.ここで、Sms_G_System_Operating_System。メーカー=”株式会社レッドハット”

System Center2012R2Configuration Managerを使用したLinuxコンピュータの管理

RHEL systemsという名前のコレクションが作成され、linuxマシンがコレクションに追加されました。

System Center2012R2Configuration Managerを使用したLinuxコンピュータの管理

ここで、RHEL systemsコレクションのカスタムクライアントデバイス設定を作成し、ハードウェアインベントリを有効にします。

System Center2012R2Configuration Managerを使用したLinuxコンピュータの管理

LinuxおよびUNIX用クライアントは、LinuxおよびUNIXサーバーで使用できる次のハードウェアインベントリクラス:

  • Win32_Bios
  • Win32_Computersystem
  • Win32_Diskdrive
  • Win32_Diskpartition
  • Win32_Networkadapter
  • win32_n e tworkadapterconfiguration
  • Win32_Operatingsystem
  • Win32_Process
  • Win32_Service
  • Win32Reg_Addremoveprograms
  • Sms_Logicaldisk
  • Sms_Processor

System Center2012R2Configuration Managerを使用したLinuxコンピューターの管理

クライアントでマシンポリシーの更新アクションを実行するには、次のコマンドを実行します :-/opt/microsoft/configmgr/bin/ccmexec-rs policy

System Center2012R2Configuration Managerを使用したLinuxコンピュータの管理

クライアントからインベントリスキャンをトリガーするには、次のコマンドを実行します。-/opt/microsoft/configmgr/bin/ccmexec-rs hinv

System Center2012r2configuration manager

ハードウェアインベントリスキャンサイクルをトリガーしたら、Mp_Hinvを開きます。SCCMサーバ上にあるログファイル。 クライアントlinuxからの行の完全なレポートを探します。プラジュワルローカル、アクションの説明=ハードウェア。

System Center2012R2Configuration Managerを使用したLinuxコンピュータの管理

CMコンソールでlinuxマシンを右クリックし、スタート>リソースエクスプローラをクリックします。 [ハードウェア]の下の[サービス]をクリックして、サービスのリストを表示します。

System Center2012R2Configuration Managerを使用したLinuxコンピュータの管理

linuxマシンにインストールされているアプリケーションを見つけることもできます。

System Center2012R2Configuration Managerを使用したLinuxコンピュータの管理

Linuxマシンのレポートを生成することもできます。

System Center2012R2Configuration Managerを使用したLinuxコンピュータの管理

Windowsの場合、通常はwmiにインベントリデータを照会しますが、UNIX/Linuxクライアントは一連のXMLファイルにインベ デフォルトのクラスは、/opt/microsoft/configmgr/root/cimvのディレクトリリストで表示できます。

System Center2012R2Configuration Managerを使用したLinuxコンピュータの管理

最後に、LINUXマシンからSCCMクライアントエージェントをアンインストールするには、次のコマンドを使用します。-/opt/microsoft/configmgr/bin/uninstall

System Center2012R2Configuration Managerを使用したLinuxコンピュータの管理

configmgrとomiを完全にアンインストールするには、cを押してenterキーを押します。 クライアントがアンインストールされました。

管理Linuxコンピュータ利用システムセンター2012R2設定マネージャ

アバターのPrajwal氏

こんにちはいPrajwal氏. ここ数年、私はSCCM/Configuration Manager、Intune、Azure、セキュリティなどの複数のテクノロジに取り組んできました。 貴重な情報を皆さんと共有できるように、このサイトを作成しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。