SharePointオンプレミスでの分析

SharePointは、Fortune500企業の80%を含む、世界中の数万社の企業を支援しています。 企業の大部分は、コンテンツの絶えず増加量のためにSharePoint上で中継すると、多くの管理者は、彼らがSharePoint内のサイト分析のいくつかの並べ替えを実行す

多くの場合、彼らは次のような簡単な質問に答える必要があります:

    • ファームには何人のアクティブユーザーがいますか?
    • 最も活発なサイトはどれですか?
    • どのサイトが長い間非アクティブになっていますか?
    • 特定のサイトの訪問者の傾向は何ですか?

すぐに使用できるSharePoint分析と使用法

すぐに使用できるSharePointは、これらの質問にいくつかの助けを提供します。 SharePoint2010には、SharePointサイト上のユーザーの動作に関するいくつかの洞察を提供する専用のWeb分析サービスアプリケーションがありました。 それはかなりまともな仕事をしましたが、主にパフォーマンス上の理由から、SharePoint2013で中止されました。 SharePoint2013では、新しいSharePoint分析処理コンポーネントが追加され、これがSearchサービスの一部になりました。 それはいくつかの基本的なレポートを提供します:

  • 人気度の傾向サイトコレクション、サイト、またはライブラリまたはリスト内の個々のアイテムの使用状況イベント統計が表示されます。
  • 最も人気のあるアイテムライブラリまたはリスト内のすべてのアイテムの使用状況イベント統計を表示します。

このレポートの使用方法の詳細な手順はここで見つけることができます。

SharePoint analyticsで人気の傾向を見る

SharePoint analyticsで人気の傾向を確認する

これらのレポートの主な問題は、ファームで何が起こっているのかを全体的に把握できないことです。 また、レポートを単一のサイトコレクションに絞り込もうとしても、何が起こっているかを確認するには、サイトごとにサイトを移動し、リストごとに それはあまりにも多くの作業を必要とし、有用であるにはあまりにも時間がかかります。 もう1つの落とし穴は、この作業を自動化するAPIがないことです。

独自のSharePoint Analyticsを実行する

SharePointでの使用状況と正常性データ収集の構成

すぐに使用できるオプションには非常に多くの制限がありますが、このすべてを開始した質問に対する回答を検索するには、他のオプションに頼る必要がある場合があります。 1つのオプションは、使用状況と正常性データ収集サービスによって収集されたページ要求イベントを使用することです。: サーバーの全体管理>監視>SharePoint Serverで使用状況と正常性のデータ収集を構成し、”使用状況データ収集を有効にする”と”ページ要求”がチェックされていることを確認 構成されると、SharePointはすぐに使用状況ログの収集を開始します。

SharePoint Analytics-使用状況と正常性データ収集の構成

まず、使用状況ログが既定の場所にあるファーム内の各WFEサーバーのディスクに保存されますC:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Web Server Extensions\16\LOGS. タイマージョブ”Microsoft SharePoint Foundation使用状況データのインポート”があり、ログデータベースサーバーに5分ごとに移動します。 ログに記録するアクティブなユーザーとイベントの数に応じて、このデータベースは非常に高速に増加する可能性があるため、デフォルト値が14日のイベン これらは、次のPowerShellコマンドレットGet-SPUsageDefinitionで確認し、Set-SPUsageDefinitionで変更できます。

Sharepoint Anyltics Logsのログデータベースのクエリ

すべてを設定したので、ログデータベースをクエリしてレポートを生成できます。 ページ要求イベントは、Requestusage_Partition0からRequestusage_Partition31までの合計31のパーティションテーブルに格納されます。 すべてのパーティションでUNIONする必要がないようにするには、テーブルを直接使用するのではなく、代わりにRequestUsageビューを使用することをお勧めします。

RequestUsageビューを調べると、最も重要な列が表示されます: ログタイム、UserLogin、WebApplicationId、SiteId、SiteUrl、およびWebId。 だから、このすべてを知って、先週私の農場に何人のアクティブユーザーがいたかを判断しようとしましょう。 サンプルクエリは次のとおりです。

SELECT COUNT(RowId)AS FarmHits,COUNT(DISTINCT UserLogin)AS FarmUniqueUsersFROM。PartitionId in(select PartitionId from fn_partitionidrangemonthly('20181001', '20181007')) そして、UserLoginはNULLではなく、DataLength(UserLogin)>0およびWebApplicationId<>'00000000-0000-0000-0000-000000000000'およびSiteId<>'00000000-0000-0000-0000-00000000000'およびWebID<> '00000000-0000-0000-0000-000000000000'

クエリから、ファーム上のページとの実際のユーザー操作ではないものを除外しようとしていることがわかります。 このクエリの信頼性をさらに向上させるには、さらにいくつかのことを除外することをお勧めします:

  • 管理アカウントとファームアカウントのUserLoginをフィルター処理します。
  • Http GET要求のみを参照するには、RequestTypeをフィルタリングします。
  • のみを見るためにDocumentPathをフィルタリングします。aspxページと不要なAPI呼び出しの多くを無視します。

このすべてを知って、先週最もアクティブなサイトコレクションを見つけることによって別の問題を解決しようとしましょう:

トップ1000SiteIdをSiteId、SiteUrl、Count(RowId)をヒットとして、COUNT(DISTINCT UserLogin)をUniqueVisitsFROMとして選択します。PartitionId in(select PartitionId from fn_partitionidrangemonthly('20181001', '20181009')) そして、UserLoginはNULLではなく、DataLength(UserLogin)>0およびWebApplicationId<>'00000000-0000-0000-0000-000000000000'およびSiteId<>'00000000-0000-0000-0000-0000-000000000000'およびwebid<>'00000000-0000-0000-0000-00000000000'およびdocumentpath like'%。aspx'とRequestType='GET'GROUP BY SiteId,SiteUrlORDER BY COUNT(RowId)DESC

クエリを変更してサイトコレクションに関する情報を取得するのは簡単であることがわかります。 WebId列にGROUP BYを追加することで、サブサイトレベルに簡単に移動できます。

このアプローチではいくつかの答えが得られますが、その制限に注意する必要があります:

  • 数日より長い期間クエリを実行すると、大規模なファームでクエリが非常に遅くなることがあります。
  • データ保持期間に設定できる最大履歴は31日であり、レポートでさらに後退する方法はありません。
  • ドキュメントライブラリやドキュメントレベルで訪問者に関する情報を取得するクエリを記述することは非常に困難です。
  • データベースは多くのディスク領域を使用できます。

Spdockit for SharePoint Analyticsを使用する

SPDocKitの分析および監査レポートは、多くの睡眠を失うことなく質問に対する回答を得るのに役立ちます。 これらは、前述の制限のほとんどを設定して克服するのが簡単です。

バージョン8で導入されたSharePoint Analyticsレポートで、ユーザーがファームとどのようにやり取りしているかを明確に把握できます。 これには、ページヒット数、ユニークビジター数、ストレージ使用量、各サイトコレクションのサブサイト数に関する情報と要約、およびこれらの指標が過去にどのように変更されたか、現在どのように動作しているかを示す詳細な傾向が含まれています。 サイトコレクションがどのように実行されているかについての追加の洞察を探している人は、サブサイトレベルにすばやく絞り込み、サイトアクティ

ユーザーがSharePointファームと対話する方法は、SPDocKitで簡単に確認できます

Spdockit

SPDocKitを使用すると、分析レポートによって表示されるビューと訪問者の数をサブサイトレベルで停止する必要はありません。 新しい監査レポートを使用して、SharePointサイトを訪問してファイルを開いているユーザーに関する情報を取得できます。 ここで追跡できるイベントのいくつかは次のとおりです:

  • 編集済みアイテム、
  • チェックアウトおよびチェックイン済みアイテム、
  • サイトコレクション内の他の場所に移動およびコピーされたアイテム、
  • 削除および復元されたアイテム、および
  • 検索されたクエリおよび用語。

新しいSPDocKitが利用可能になりましたので、30日間の無料トライアルをダウンロードして自分で試してみてください。

私たちからのより多くの記事を読みたいですか? 私たちのブログを購読し、更新滞在!

SPDocKit無料トライアル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。