Schneiderian膜厚と洞増強の臨床的影響:系統的レビューとメタ回帰分析

背景:Schneiderian膜厚(SMT)は、洞増強の最終的な臨床的転帰を危険にさらす可能性がある膜穿孔に影響を与える重要な要因とみなされている。 したがって、この系統的レビューは、平均SMTを研究し、SMTに影響を与える可能性のある患者関連因子をさらに調査することを目的としています。 二次的な目標として,SMTと膜穿孔率との関連を検討した。

方法:MEDLINE、EMBASE、Cochrane Central Register of Controlled Trials、およびCochrane Oral Health Group Trials Registerデータベースを含むいくつかのデータベースにおける三つの独立したレビュアーは、電子的および手動の文献検索を行 このレビューは、PRISMA(Preferred Reporting Items for Systematic Reviews and Meta‐Analyses)およびMECIR(Methodological Expectations of Cochrane Intervention Reviews)ガイドラインに従って書かれ、実施されました。 定量的評価は、平均SMT、その寄与因子、および膜損傷および外科的合併症への影響を調査するために、包含基準を満たした物品について行われた。

結果:上顎SMTを報告した三十から一の研究は、定性分析のために考慮されました。 19人はさらにメタ分析された。 全体の平均±SE SMTは1でした。17±0.1mm(95%信頼区間=0.89~1.44)。 三次元放射線撮影(3DR)群の平均SMTは1.33mm(95%CI=1.06〜1.60)であったが、組織学群では0.48mm(95%CI=0.12〜1.1)であった。 ランダム効果モデルは、組織学的分析と比較して3DRを用いて決定されたように厚いSMTの傾向があるが、そのような差は統計的有意性に達しなかった(P=0.15)ことを示した。 また、回帰分析は、変数歯周炎(P=0.13)と喫煙(P=0.11)が厚いSMTを示したことを示した。 SMTと穿孔率を相関させると決定的なデータが得られましたが、厚いSMTは穿孔しやすいかもしれないと思われます(P=0.14)。

結論:SMTは、平均して、洞増強を求めている患者で1mmである。 三次元技術は、組織学的分析と比較してSMTの約2.5倍を過大評価しています。 歯周炎および喫煙は、洞膜の肥厚をもたらす可能性がある。 しかし、現在のデータは、膜損傷の速度にSMTをリンクするために決定的ではありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。