SCCMSystem Center Configuration Manager

サーバーのSCCM更新手順

今日は、私の環境でSCCMを使用して毎月のサーバーを更新する方法について説明します。

まず、更新プロセスについてディスカスに説明します。 常にサーバーのようなアクションは、デバイスのコレクション、私たちの場合はいくつかのサーバーに関連しています。 常に、テスト環境と本番環境の2つの環境が必要であることに注意してください。 多くの企業は、より多くのカテゴリ/コレクション、テスト、prod A、prob B、Prod Cなどでインフラストラクチャを構築しています。 それは、異なるカテゴリに同じクラスタのメンバーを持つ方が良いです。 Active Directory、nod clustersなどの同じ役割のサーバーが複数ある場合は、それらを別のコレクションに分割します。 何かが間違ってしまった場合は、サーバーの一部のみに影響を与え、サービスはまだオンラインです。 更新プログラムの適用方法の詳細については、記事”ソフトウェアの更新戦略”を参照してください。 7726>

1)コレクションを作成します。:

a)SCCMコンソールに移動します->概要->資産とコンプライアンス->デバイスコレクション->リボンからデバイスコレクションを作成します

i)一般タブ

ii)メンバーシップルール。 これは静的コレクションなので、後で手動で追加します。 警告を無視する

iii)次、次、終了 :2)このコレクションにサーバーを追加する

a)Assets and Compliance->Overview->Devicesに移動します。 検索フィールドにサーバーの名前を入力します。 彼を右クリックして、既存のデバイスコレクションに選択した項目を追加します,お使いのデバイスのコレクションを選択します. ソフトウェアの更新のために我々は唯一のデバイスコレクションを使用することができ、ユーザーの収集が禁止されています。

3) serves updates with SCCM

を適用するためのメンテナンスウィンドウを作成します。a)サーバー->プロパティ->メンテナンスウィンドウタブを含むコレクションを右クリックし、新規作成(ゴールデンスター)を選択します。

b)名前、時間間隔、再発間隔などを選択します。 私の場合は毎月第二金曜日です。

4) desire updatesを選択し、SUG、ソフトウェアの更新グループを作成します。

a)ソフトウェアライブラリ->概要->ソフトウェアの更新->すべてのソフトウェアの更新に移動します。 検索では、ボタンが条件を追加しています。 検索を行ったら、後で保存して使用することをお勧めします。 私の場合、すべてのwindowsサーバーの基準を作成し、.netなしのセキュリティ更新のみがdev用のサーバーであり、.netバージョン、internet explorerなどの変更は許可されていません。

b)目的の更新を選択して右クリックし、ソフトウェア更新グループの作成を選択します。 たとえば、Servers security update May

c)SUG’sに移動し、Al software Update Groupsの下にあり、右クリックしてダウンロードを選択します。 パッケージを選択します。 私はoffice、IEなどを含むすべてのpcの更新のための唯一のパッケージを持っているのが好きです。 そして、セキュリティ、クリティカルなどのためのサーバーのための1つ。 配布ポイントで維持するのがより簡単です。 あなたの言語、ダウンロード設定などのための適切な設定を選択します。

d)ダウンロードが完了したら、このSUGを特定のコレクションに展開する必要があるため、SUGを右クリックしてdeployを選択します。

i)generalで名前と説明を入れ、展開のための適切なコレクションを選択します

ii)展開のタイプ必須を選択します。 必須必須ユーザーは、プロセスを停止することはできません、利用可能なユーザーは、この更新が利用可能である表示されます、インストールするものといつを選 ほとんどの場合、私は必須を使用します。 開発環境とソフトウェアのバージョンにあるpcとサーバーのために非常に私が利用可能な使用制限され、開発者がインストールするものを選択しました。

iii)それを利用可能にする時期を選択します。 サーバーの場合は、再起動するのに非常に短い時間(カウントダウン)で特定のメンテナンスウィンドウが必要です。 Sccmクライアント設定で指定され、サーバーコレクションに適用される再起動時間

このページでは、2つの重要な詳細を持っています。 ソフトウェア利用可能な時間とインストール期限。

(1)ソフトウェア利用可能時間。 通常、私はそれが可能です息子として使用します。 つまり、更新はすぐに利用可能であり、ユーザーとサーバーは新しい更新が利用可能であることを検出します。 この設定に加えて、インストール期限とメンテナンスウィンドウを使用すると、更新がインストールされるときに選択することができます。 だから私の場合、私は更新が7日間利用可能な期間を作成します。 この7日間で、すべてのサーバーは、新しい更新が利用可能であることを接続している管理者に表示します。 いくつかの特別なサーバーでは、手動でこの更新を行うことを選択することができます,誰もがインストールデッドラインsccmエージェントの終了時に”利用可能”の今週にこの更新をインストールしていない場合、それは更新をインストールするために行きます. 次のステップでは、我々はメンテナンスウィンドウの外にインストールすることを選択した場合は、メンテナンスウィンドウの外にインストールを選択しない場合は、sccmエージェントは、それがメンテナンスウィンドウを待つことになります、それはすぐに実行されます更新します。 Idメンテナンスウィンドウを設定していませんデフォルトのウィンドウは22:00から05:00です。 通常、私はメンテナンスウィンドウ

(2)特定の時間の数時間前に終了する期限を設定します。 Sccmエージェントがこの更新を実行すると、この更新が実行されます。 この設定は、メンテナンスウィンドウの影響を受けるか、またはメンテナンスウィンドウ外で実行するようにユーザーエクスペリエン

iv)ユーザーエクスペリエンス。

(1) メンテナンスウィンドウを使い果たしたい場合、またはメンテナンスウィンドウから再起動プロセスを開始したい場合、または開始しない場合。 通常の方法では、私はメンテナンスウィンドウの外にインストールを強制しません。 私は待ちたくないときにテストマシンでそれを行い、すぐにインストールしたいと思っています。

(2)デバイスの再起動動作。 再起動を抑制したい場合。 通常の方法では、更新プロセスを再起動して完了させたいので、このオプションを使用しません。

(3) アラート、私はデフォルトを選択した何度も。

(4) ダウンロード設定。 通常、デフォルト設定

(5)概要を使用します。 この展開をテンプレートのように保存する場合

次は何?

·サーバーは、それが行くと60分ごとにポリシーをチェックします。 彼はsccmからの更新を発見し、

のダウンロードを開始します·すべての更新をダウンロードすると、インストール期限が設定されたときに更新をインストールするタスクセットアップされます,私たちの場合01AM

·ユーザーエクスペリエンスでは、メンテナンスウィンドウからインストールを強制しないので、彼は02AM

で最初のメンテナンスウィンドウを待つことになります·一人の人間のオペレータは、サーバーをチェックする必要があります,すべてまたはランダム,オンラインがあり、それがすべてであれば、それがすべてであれば、それがすべてであれば、それがすべてであれば、それがすべてであれば、それがすべてであれば、それがすべてであれば、それがすべてであれば、それがすべてであれば、それがすべてであれば、それがすべてであれば、それがすべてであれば、それがすべてであれば、それがすべてであれば、それがすべてであれば、

すべてが正常かどうかを確認する方法

·コレクションは適切な展開を持っており、 締め切りが正しく設定されています

· そのコレクションのメンテナンスウィンドウを確認する

· ソフトウェア更新は利用できます

· 更新がスケジュールされ、表示されているかどうかを確認します

· ccmcacheで更新プログラムが既にダウンロードされているかどうかを確認する(c:\WINDOWS\ccmcache)

· 更新UpdatesHandlerのsccmログを確認します。誰が店舗にいるのかをログに記録しますC:\windows\ccm\logs

· Windows updateのログWindowsUpdateを確認します。でのログストアC:\Windows\7726

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。