SCCMを使用したPowerShellスクリプトの展開

SCCM1706のプレリリース機能。 バージョン1802以降、この機能はプレリリース機能ではなくなり、SCCMを使用してスクリプトを展開する新しい機能を取得し、既存のスクリップを作成、編集、イン
まあ、我々は同様にパッケージ、アプリケーションの展開を介していくつかのスクリプトを展開することができますが、今、我々はこの需要のための機能を

私のデモのために、私は”Maintenace Windows”を展開するつもりです、私はこのPowerShellウィンドウを準備し、私の記事に従ってそれを修正しました:
https://www.pelegit.co.il/informing-users-powershell-script/

SCCM PowerShellは、
パラメータの種類:整数、文字列、およびリストをサポートしています。

注:
クライアントはPowerShell v3.0を実行している必要があります+

SCCMコンソール管理を開きます管理>サイト>階層設定に移動します:

“管理”>”更新とサービス”>”機能”
“スクリプトの作成と実行がオンになっていることを確認してください”:

“ソフトウェアライブラリ”に移動します”:

スクリプトをインポートして名前を設定する:

スクリプトは準備ができていますが、承認を待っていますが、”承認”がグレー表示されている場合は、”階層設定”の前の設定で”スクリプト作成者に追加のスク”:

それを承認すると、次のウィンドウが表示されます:
次へ進む:

承認:

承認または拒否スクリプトが正常に完了しました:

スクリプトを実行してみましょう:
“資産とコンプライアンス”に移動し、優先コレクションと”スクリプトの実行”を右クリックします”:

スクリプトを選択します:

展開が進行中です…

まとめ:

私たちは、右の展開を監視したいですか? したがって、”Monitoring”>”Client Operation”に移動する必要があり、ここでスクリプトの展開状態を確認できます:

あなたは上の”ScriptStore”ログファイル上に行くことができます”C:\Windows\CCM\ScriptStore”

ダウンロードしたスクリプトを見ることができます:
C:\Windows\CCM\logs\Scipts…..ログ
メンテナンスメッセージが正常に展開されると、クライアントは次のメッセージを取得します:

Ezoicこの広告を報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。