Microsoft Planner vs.Tasks Web Part

Microsoft Plannerが最初に出てきたとき、私はクライアントにボードにジャンプする前にしばらく待つように勧めていたことを認めます。 実装に関しては非常に保守的であるため、私は通常、Microsoft製品がバグを解決し、安定して成熟して組織全体に展開されるのを待ちます。 さらに、正式なプロジェクト管理の背景から来て、私はMS ProjectとSharePoint Tasks webパーツの熱心なファンです。 Microsoft Plannerでは、しかし–それは異なっています。 解決すべきいくつかのねじれや問題はまだありますが–そこに多くの企業が現在の形と形でMicrosoft Plannerの恩恵を受けることができるように私は感じていま

マイクロソフトプランナーとは何ですか?

Microsoft Plannerは、軽量のwebベースのタスク管理ソフトウェアです。 PlannerはOffice365エコシステムの不可欠な部分であり、Office365グループやOutlook電子メール、SharePoint、OneDriveなどの他のOffice365資産と統合されています。

Microsoft Planner

タスクWebパーツとはどう違うのですか?

タスクWebパーツは、SharePointの世界でタスクを管理するためのgo-toタスク管理アプリケーションとなっています。 つまり、Tasks webパーツは、常にタスク管理の正式なプロジェクト管理アプローチに向けられていました。 タスクの依存関係を設定する機能、MS Projectとの統合、およびSharePoint内のガントチャートを視覚化する可用性は、すべてプロジェクト管理における組織の成熟

また、Tasks webパーツの準備作業、セットアップ、構成にはすべて時間がかかりました。 最初にSharePointチームサイトを作成し、セキュリティ、サイトwebパーツ、ページレイアウトを把握してから、プロジェクト計画を管理する必要がありました。

マイクロソフトプランナーは、これらの複雑さのどれも持っていません。 と統合されていますが、SharePointサイトとは独立しています。 これは、スタンドアロンのタスク管理ソフトウェアです。 迅速なプロジェクトを管理し、ユーザーにタスクを割り当てたい場合は、準備や事前の設定なしで、ほんの数分でこれを行うことができます。

Microsoft Planner

Plannerでタスクを作成する

planner3

SharePointタスクWebパーツでのタスクの作成

Microsoft Plannerの主要なコンポーネントは何ですか?

Microsoft Plannerは、タスク、バケット、ボードの主要な要素で構成されています。

タスク

タスクから始めましょう。 タスクとは、タスクWebパーツやMS Projectと同様に、特定のアクティビティを個人に割り当てたものです。 タスクWebパーツとは異なり、入力画面は単純なもので、開始日や期日、進行状況などのいくつかの選択肢に限定されています。 ユーザーがメインタスクの下にミニタスク(サブタスク)を作成することを可能にするチェックリストと呼ばれる機能もあります。 ユーザーは、SharePointまたはOneDriveからファイルを挿入したり、直接リンクしたりすることもできます。 最後に、一番下のセクションはタスクの履歴用に予約されています(タスクWebパーツのバージョン履歴のように、より視覚的です)

注:この記事の執筆時点では、一度に1人のユーザーにしかタスクを割り当てることができません。 複数のユーザーを同じタスクに割り当てる機能はまだ利用できません。

Microsoft Planner

バケット

バケットは、タスクを別々のカテゴリに整理するために使用されます。 あなた自身のバケット(カテゴリ)を作成し、あなたが望むものは何でもそれらに名前を付けることができます。 PlannerはMS Projectのようなものではないため、サブタスクを作成してそれに応じてグループ化できるため、バケットはタスクを論理的なグループ化(コンプライアンスタ).

Microsoft Planner

Plans

最後に、バケットはプランに属します。 計画は本質的に別のプロジェクトです。 各プロジェクトには、独自のバケットとタスクを持つ独自の計画があります。 すべての計画は、利用可能なすべての計画+お気に入り(最も頻繁に使用される)のものを示してプランナーハブを介してアクセスすることができます。

Microsoft Planner

ビュー

ユーザーがタスクを表示するには、多くの方法があります。 ボードビューでは、プロジェクト(計画)上のすべてのタスクをバケットに整理して表示できます。

Microsoft Planner

チャートビューには、タスクとその進行状況の視覚的なグラフが表示されます。

Microsoft Planner

マイタスクビューには、Microsoft Plannerにログインしているユーザーに割り当てられたタスクが表示されます。

Microsoft Planner

では、Microsoft PlannerまたはTasks Webパーツを使用する必要がありますか?

Microsoft Plannerを使用して

  • 小さなプロジェクトを管理する
  • リソース/容量を管理する必要がない場合
  • MS Projectとの統合が必要ない場合
  • Outlookとの統合/同期が必要ない場合
  • タスクの依存関係を設定する必要がない場合
  • 正式なプロジェクト管理方法よりもソーシャルコラボレーションが重要なプロジェクトの場合
  • アジャイル/スクラムプロジェクトの場合

タスクwebパーツ

  • を使用して大規模なプロジェクトを管理する場合
  • リソース、容量、コスト、ベースラインスケジュールを管理する
  • タスクの依存関係を設定する必要がある場合
  • MS Projectと統合する必要がある場合
  • Outlookとタスクを同期する必要がある場合
  • 組織/PMOがアジャイル方法論ではなくウォーターフォールに従っている場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。