睡眠障害は、統合失調症患者の大部分に影響を与える

フィレンツェ、イタリア—統合失調症患者の大部分は、睡眠障害の範囲に苦しんでいる—主要な精神障害の過小評価された領域に光を照らす発見。

5000人以上の精神科患者と8000人の健康な対照者を含む研究では、統合失調症患者、特に18歳から40歳の患者の間で、睡眠障害の割合は一般集団よりもはる

フィンランドのヘルシンキ大学国立健康福祉研究所のMinna Torniainen-Holm博士が率いる研究者らは、統合失調症の患者では「睡眠障害は非常に一般的である」ことを見出し、そのような患者の75%がある種の睡眠障害を有すると報告している。

「彼らは長く眠っていて、疲れていて、眠りに落ちて眠りにつくのに苦労していた」とTorniainen-Holmは語った。

この研究成果は、統合失調症国際研究会(SIRS)2018年隔年会合で発表されました。

パズルの重要な部分

Torniainen-Holmは、統合失調症の患者のための運動や食事に多くの焦点があったことに注目してプレゼンテーションを始めましたが、”まだ欠けている部分があると思いますし、睡眠かもしれないと思います”と彼女は言いました。

研究者らは、国際的なスタンレー-グローバル神経精神ゲノミクスイニシアティブの一環として、2018年末までに主要な精神疾患を有する10,000人の患者を募集することを目的としたFinnish SUPER(Finnish Study on Genetic Mechanisms of Psychotic Disorders)を開始した。

現在の研究では、研究者らは18〜80歳の5046人の患者に焦点を当てた。 これらの患者のうち、2972は統合失調症、640、統合失調感情障害、1097、双極性障害、および330、精神病性うつ病を有していた。 これらの患者は、Health2000研究に参加した一般集団の成人8018人と比較された。

参加者は睡眠に関する自己報告アンケートを完了しました。 患者は、総睡眠時間、疲労、睡眠薬なしで寝ることの困難、および早朝または夜間の覚醒に関する情報を提供した。

チームは、統合失調症または統合失調感情障害を有する18歳から40歳の患者の30%が1日10時間以上の睡眠を報告していることを発見しました。 比較すると、双極性障害または精神病性うつ病を患っていた同じ年齢の患者の15%は、同じ年齢の一般集団の1%未満と同じくらい眠っていた。

統合失調症患者はまた、60歳未満の一般集団よりも疲労、睡眠困難、早朝または夜間の覚醒を報告する可能性が高かった。 有病率は双極性障害患者および精神病性うつ病患者でより大きかった。

すべての場合において、睡眠障害の違いは、60歳以上の個人ではあまり顕著になりませんでした。 長い睡眠と疲労はすべての患者群で減少した。 一般集団は、眠りにつくことの困難さの増加と早朝または夜間の覚醒の増加を報告した。

Torniainen-Holm氏は、調査結果にもかかわらず、多くの疑問が残っていると指摘した。

「もっと研究をしなければならないことはまだたくさんある」と彼女は言った。 “例えば、これらの結果に対する投薬の効果は何ですか? 違法薬物の使用はどのようにそれらに影響を与え、どのように患者のほとんどが働いていないことについて?”

は、結果が”まだ非常に予備的であり、睡眠に関する研究はまだ初期段階にある”という事実を強調し、主要な精神障害を有する患者における睡眠障害の役割はまだ明らかではないと述べた。 一つの重要な質問は、彼女は言った、”私たちは睡眠を改善する場合は何が起こる可能性がありますか?”

治療の利点

会議でも発表された第二の研究は、6ヶ月の治療がこの患者集団の睡眠を改善しただけでなく、認知の改善、体重減少、収縮期血圧の低下をもたらしたことを示唆している。

Cherrie Galletly、Md、Phd、Discipline of Psychiatry、University of Adelaide、Australia、らは、家庭ベースの評価を用いて、統合失調症患者の睡眠時無呼吸の割合が一般集団で見られる割合の2倍であることを発見した。

研究者らは、クロザピンで治療されていた統合失調症患者30人を対象に、ポリソムノグラフィーを用いた在宅睡眠研究を行った。

の結果、参加者の14(47%)が閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)を有し、無呼吸-低呼吸指数(AHI)のスコア>10を有すると定義されていることが明らかになった。 研究者らは、8人(27%)の参加者が重度のOSAを有しており、AHIスコア>30と定義されており、これは「一般集団における重度のOSAの有病率の2倍」であると報告し

重度のOSA患者には、持続的気道陽圧(CPAP)治療が行われました。 治療への遵守は良好であった—平均夜間使用は7.7時間であった。

6ヶ月間のCPAPは睡眠アーキテクチャの改善に関連していた。 回復、遅波睡眠に費やされた夜の割合は4.8%から31.6%に増加し、急速眼球運動睡眠における時間の割合は4.1%から31.4%に増加した。

酸素飽和度<90%と定義される低酸素状態で過ごした夜の平均割合は、平均27.6%から2.0%に減少した。

また、参加者は7の平均体重減少を経験しました。研究期間中の2kg、ならびに収縮期血圧の12-mmHg低下。

患者はまた、CPAP治療の6ヶ月で認知能力の改善を経験しました。 最大の改善は、口頭および作業記憶および運動能力に見られた。

GalletlyはMedscape Medical Newsに、統合失調症患者のOSAをホームベースのスクリーニングを用いて評価することは”非常に実現可能”であると語った。

“患者はそれを非常に受け入れています。 彼らは適切にスクリーニングを行ってきた、と彼らは彼らがよく眠れない知っているので、彼らは、結果に興味を持ってきた”と彼女は言った。

彼女は、結果が”体重を減らしたので、私たちを驚かせた。… それは重量を失うためにクロザピンの統合失調症を持つ人々を得ることは非常に困難です。 認知機能はより良く、エネルギーはより良く、彼らはより多くのことをしています—彼らは結果に非常に満足しています。”

Galletlyにとって、統合失調症患者のOSAに取り組むことに成功した秘訣の一つは、彼らのチームに呼吸器医師と精神科医の両方が含まれていることです。

「また、私たちは地域社会の統合失調症の人々と多くの研究を行ってきたので、私たちはその人口と協力して彼らと関わることに慣れています」と彼女

彼女はまた、アンケートなどの標準的なスクリーニング機器ではなく、ホームベースのスクリーニングを使用したため、統合失調症患者のOSAの同定に成功したと考えている。

これらのアンケートは、彼女が言った、通常、”あなたのパートナーはあなたがいびきを言うのですか? あなたのパートナーは、あなたの睡眠中に一時停止すると言いますか?”もちろん、彼らのほとんどはパートナーを持っていないので、それらのスクリーニング機器は実際にはそれほど多くの助けではありません。”

精神病?

Fiona Gaughran,MD,PhD,Institute of Psychiatry,Psychology and Neuroscience,King’s College London,United Kingdom,どちらの研究にも関与していない人は、睡眠は統合失調症において「非常に重要な」問題であると述べた。

「精神病の起源に関連する不眠症について話している人がいるので、非常に初期の段階であっても、診断を受ける前に、睡眠が重要かもしれません」と彼女

「統合失調症の患者は夜間に寝るのが難しいと感じたが、彼らは1日10時間眠っていると発表した。 これらの10時間はいつですか、そしてそれはどのように必要に応じて、教育訓練や労働力に戻って取得するあなたの能力を妨げるのですか? それは私たちがもっと多くのことを知る必要があるものです”とGaughranは付け加えました。

彼女はまた、”睡眠時無呼吸の質問は、あなたがそれについて何かをすることができるので、非常に重要であることを指摘しました。”

彼女は、睡眠を体系的に評価することは、睡眠衛生を改善するために患者と協力する方法を示すかもしれないと付け加えた。

“どのようにして回復を最もよくサポートする方法で睡眠を得ることができるかを見ることは不可欠です”と彼女は言いました。

いずれの研究に対する資金調達も明らかにされていない。 Galletly博士は、ヤンセン-シラーグとルンドベックの諮問委員会に所属しています。Janssen-CilagとLundbeckのために。 他の研究者は、関連する財務関係を開示していません。

統合失調症国際研究会(SIRS)2018隔年会議。 ポスター F165,発表April6,2018,and abstract05.5月7日、2018年に発表された。

より多くのMedscape精神医学のニュースについては、FacebookやTwitterで私たちに参加してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。