動的リストのフィルタリング

X

プライバシー&クッキー

このサイトはクッキーを使用しています。 継続することにより、あなたはそれらの使用に同意します。 Cookieの制御方法など、詳細についてはこちらをご覧ください。

わかった!

広告

リストまたはドキュメントライブラリで利用可能なSharePoint Onlineのこの驚くべき機能を使用すると、別のリストで行われた選択に基づいて1つのリスト

次の例では、”許可”ドキュメントライブラリは、”ストア”リストの選択によってフィルタリングされます。 ドキュメントライブラリで項目を選択すると、リスト内の列の値が反映されます。

  1. “店舗”というリストを作成します(または、環境に最適なタイトルを決定しました)
  1. “許可”と呼ばれるドキュメントライブラリを作成します(あなたがマスターであり、あなたが望むように呼び出すことができます!!)そして、”店舗”リストに関連するルックアップ列を作成します
  1. 以前のコンテンツを追加するサイトページを作成し、”動的リストフィルタリング”と呼ばれる機能を構成します”
  1. 作成したページで、セクションレイアウトを追加し、”二つの列”を選択します”
  1. ドキュメントライブラリwebパーツを追加して、以前に作成したライブラリを追加します
  1. 次に、最後の1つのリストwebパーツを他のセクションレイアウト

に追加します

  1. ドキュメントライブラリwebパーツを選択して編集します
  1. webパーツの設定で、動的フィルタリングを有効にします
  1. このオプションでは、ライブラリをフィルター処理する列を選択し、フィルター値を含む列を選択します
  1. あなたのサイトのページ上の異なる値で再生しようとすると、魔法が適用されます…. お楽しみください!!
動的リストのフィルタリング
動的リストフィルタリング適用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。