シャロン声明

は、11月にコネチカット州シャロンで開催された会議で1960年に採択された。

道徳的、政治的危機のこの時期に、ある永遠の真理を肯定するのはアメリカの若者の責任である。

私たちは、若い保守派として、超越的な価値観の中で最も重要なのは、個人が神から与えられた自由意志を使用することであり、そこから恣意的な力の制限から自由になる権利が得られると信じています。;

自由は不可分であり、政治的自由は経済的自由なしには長く存在することはできないこと、

政府の目的は、内部秩序の保存、国防の提供、正義の管理によ;

米国憲法は、政府が適切な役割を果たすために力を与えるために考案された最良の取り決めであり、権力の集中と乱用からそれを抑制しながら、

憲法の天才-権能の分裂-は、連邦政府に特に委任されていない領域において、いくつかの州、または人々に優位性を留保する条項に要約されている。;

市場経済は、需要と供給の自由な遊びによって資源を配分し、個人の自由と憲法政府の要件と互換性のある単一の経済システムであり、同時に人間のニーズの最も生産的な供給者であること、

政府が市場経済の仕事に干渉すると、国家の道徳的および体力を低下させる傾向があること、ある人から別の人に授けるとき、それは第一のインセンティブ、第二の完全性、および第三のインセンティブを減少させる傾向があること。両方の道徳的自律性;

米国の国家主権が安全である限り、私たちは自由になること、自由の期間はまれであり、自由な市民がすべての敵に対して協調して権利を守るときにのみ存在することを示していること、

国際共産主義の力は、現在、これらの自由に対する最大の脅威であること、

米国はこの脅威と共存するのではなく、勝利を強調すべきであること、

アメリカの外交政策は、この基準によって判断されなければならないこと:それは米国の公正な利益に役立つのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。